日本ブリーフサイコセラピー学会

日本ブリーフサイコセラピー学会 第32回 東京オンライン大会
The Japanese Association of Brief Psychotherapy Annual Meeting

第32回
東京オンライン大会

第32回東京オンライン大会のご案内

日程 2022年6月5日(日) 大会ワークショップ
2022年9月10日(土) 学術大会1日目
2022年9月11日(日) 学術大会2日目
大会ワークショップポスター
学術大会ポスター
学術大会スケジュール
大会事務局 日本ブリーフサイコセラピー学会
第32回東京オンライン大会ヘルプデスク

e-mail:jabp-desk@conf.bunken.co.jp
大会長:松浦真澄・伊藤拓
副大会長:田中究
事務局長:山仲彩代
実行委員:久持修、横尾晴香、久保山武成、前場康介、吉田卓矢
2022.06.13 new
演題登録と自主シンポジウムの申し込みの期限を、6月29日(水)正午まで延長いたしました。
2022.06.06
大会ワークショップは終了いたしました。
当日の資料は、6月6日(月)の午後から1週間アップロードされております。
事前配布の資料がアップロードされているURLからダウンロード可能です。
ご不明な点は、オンライン大会ヘルプデスク jabp-desk@conf.bunken.co.jp までメールにてご連絡をお願いいたします。
2022.05.26
大会ワークショップに参加されるみなさまへ ご案内を更新しました。
2022.05.17
大会ワークショップのお申し込みは終了しました。
2022.05.09
学術大会参加申し込み、演題発表抄録提出、自主シンポジウム抄録提出のお申込みを開始しました。
お申込みはこちらから
2022.03.25
2022年度大会のご案内
第32回大会の日程は、2022年6月5日(日)・9月10日(土)・9月11日(日)です。

お知らせ一覧はこちら

「不確実性と未来」

 今大会は「第32回東京オンライン大会」として、昨年に引き続き大会ワークショップ、学術大会ともにオンラインで開催することにいたしました。新型コロナウィルスの感染拡大に収束の見通しが立たない中、皆様に安心して安全に参加していただくために必要な形態と判断いたしました。

 大会ワークショップと学術大会は日程を分けて開催します。大会ワークショップは、2022年6月5日(日)に行います。多彩で魅力的な10の大会ワークショップが準備されていますので、どうぞふるってご参加ください。

 学術大会は9月10日(土)、11日(日)の2日間です。特別講演は、伊藤絵美先生による「スキーマ療法:認知行動療法の新たな展開」です。その他、大会企画シンポジウム、昨年に引き続いての「20分で分かる!ブリーフサイコセラピー」の拡充をはじめ、様々な企画を準備しています。

 大会テーマは「不確実性と未来」です。コロナ禍を経験し、世界やすぐ先の未来が不確実であることを私たちは強く認識することになりました。メンタルヘルスの問題も深刻化しています。このような状況において、セラピーにはどのような貢献ができるのでしょうか。

 セラピーは不確実な事象を対象に、クライエントさんの望む未来を構築する営みと表現することもできます。そして柔軟性と対応性に優れるブリーフサイコセラピーこそ、様々な不確実な状況に対して、より効果を発揮するものと考えられるでしょう。この不確実な状況を乗り越え、クライエントさん、参加者の皆さまのより良い未来を、ブリーフサイコセラピーを通して構築していきたいという思いを大会テーマに込めました。

 企画の詳細や実施方法、お申込み手続きなども準備が整い次第、順次ホームページでご案内いたします。皆さまに「参加して良かった!」と思っていただける大会になるよう、実行委員一同、誠心誠意取り組む所存です。皆様のご参加を心からお待ちしております。

2022年3月吉日
日本ブリーフサイコセラピー学会
第32回東京オンライン大会 大会長 松浦 真澄・伊藤 拓

学会公式Twitter @jabpfrom1995
大会に関する情報を随時更新中!
フォローをお願いします。

top▲